京阪電車が地味に好きだ

ついこないだ、京都競馬場に行った。確か京阪杯があった日だ。*1

その時に京阪電車がグッズ販売をするということだったので、旧3000系のマイクロファイバークロスと、扉の上に貼ってる停車駅案内のシールを買った。2点しか買ったつもりはなかったのに、京阪電車はおまけとして定規とDVDをつけてくれていた。こういうの、ちょっと嬉しくなりますよね。しかし京阪電車、気前いいなあ。やっぱ好きだ。

親戚が叡電沿線に住んでいたこともあり、京阪電車は昔からよく乗っていた。
祖父母に連れられて、王寺からJRに乗って、天王寺で乗り換えて環状線で京橋で降り*2、そしてそこから京阪特急に乗るのだ。

駅の階段をのぼると、「先発」「次発」「次々発」と書かれた電車の案内が、パタパタと音を立てながら回っているのが見えてくるのを今でも覚えている。初めて見た時は「なんやこれすげー!」と驚いたものだ。

そして乗り込んだ京阪特急は、七条まで止まらなかった。大伴英嗣さんの渋い声のアナウンスで「只今から、補助椅子が使用できます」と自動放送が流れていたのも覚えている。なんで補助椅子なのかは分からないけれど、この放送がやけに耳に残っている。

とにかく、京阪電車、特に京阪特急は思い出があるのだ。幼少の頃の記憶って意外と覚えているもんだねえ。まあ、そういう理由でちょっと感傷的になり、3000系のファイバークロスを買ったというわけだ。

その時にもらったDVDをつい最近見た。再生すると、アンダーグラフの歌に合わせて京阪のショートムービーが流れた。ポップでロックな感じで、耳にも残るし良い歌だったし、それにまた映像が合っていた。

昔だったら「天満橋から三条へ」を流していたのかな。まあなんにせよ、京阪はこういう広報活動がとても上手だと思う(すごく上から目線でごめんね)。

ミュージックビデオ見てたら、また祖父母と一緒に京阪乗りたくなってきちゃった。昔は覚束ない足取りだった僕を2人が連れて行ってくれていたけど、今度は覚束ない足取りの2人を僕が連れて行く番なのかもしれない。そんなことをつい考えてしまった。

*1:ちなみに京阪杯は人生初の三連複を当てた。ただそこから勝ててない。つらい。

*2:当時はまだおおさか東線は無かったし、そういえば久宝寺はめっちゃ離れていた